プロフィール

堕落宣教師NX

Author:堕落宣教師NX
自堕落な生活を送る人間。

読むのが苦痛になるくらいの長文ばかりなのは確定的明らか。
読書感想文は苦手だったのがよくわかる文

ブログ内検索

最近の記事

このブログ

・アフィリエイトプログラムについて だらけ堂は、amazon.co.jpを宣伝しリンクをすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

月別アーカイブ

FC2カウンター

Fエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

 

だらけ堂
チラシの裏
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう6月も半ば近いとか
はーツイッターとかでアイカツ!(実機)してる人の写メ見てると何かやりたくなってくるね
しかしながら引き籠もりにh(ry
たけぇ…ハードルたけぇ…

しかしいちあおは久々に妄想してしまう組み合わせやわぁ
アイカツ!という奥深い存在がそうさせてしまう

2期はいちセイのユニットで話しが進むけど、いちあおの見所も多かったと思う
アクエリアスやチョコポップ回とか、水欲しいアピールや
いちごのあおい大好きオーラ出てたストレンジャーエイリアン回とか
二期も見所いっぱいでしたぞぉ!
そこで終盤の

「もっともっと 頑張るぞ。」
「ずっと ずっと応援してる。」

このピロートークは二人の信頼感を表しており非常に素晴らしいものだった
まさにいちごちゃんの支えであるって感じが伝わる
しかし一億二千万人のいちあおファンとしては嬉しくもあり、気になる所でもある
応援してるというのは蘭ちゃん的にはがんばれであり、がんばろうではなくなってしまうという所だ
つまりあおいはいちごの支えではあるが、一緒にがんばろうという立ち位置ではない。
あおいちゃんにはずっと応援している立場ではなく、いちごの横でステージに立って欲しいと思う。
なんていうかそういう脳内妄想ストーリーが加速する

セイラときいは組むとしたらすんなりセイきいユニット組みそうだけど
いちあおはセイきいほどすんなり行きそうにナイ
いちあおの二人がすれ違うとしたらその辺の認識だよね
ツウィングスが組めないとなると、あおいはいちごの為に最高のパートナーを探そうとするだろうし
いちごは自分にとってのベストパートナーがわかってない状態でパートナー探ししてくれてるあおいを指名しにくい
魚座と水瓶座的にお互いの言語が違うのでコミュニケーションに誤解が生じやすい一面になると思う。
でも言語を理解する努力が必要なのを補って余りある価値観の共有ができる相性なんだよね。
何だかんだで変局ありつつ、二人が組むようになる話とか捗る

スターライト学園の柱と期待されるヒメの後継者あおいとミヤの娘いちごの二人に
マスカレードとWake up my musicを受け継いで欲しい
Wake up my musicはユニット曲として対象が歌ってる外じゃなく内に向けてな感じが最高にイイ
あおいちゃんと歌ういちごちゃんが、いちごちゃんと歌うあおいちゃんが一番だと思うんや
やっぱマスカレードの後継はこの二人しかいない
二代目マスカレードとして脳内ストーリー展開しまくる

ファン一号として、アイドル博士としていちごちゃんをずっと応援するあおいちゃんは良いと思う
でもアイドルとしてのあおいちゃんはいちごちゃんの隣に居て欲しい
そういうの見たいなぁ(チラッ
脳内で上映しよ

あ、もちろんソレイユも蘭ちゃんも好きです。
蘭ちゃんとかアニメ内で骨抜き描写されるほどいちあおに骨抜きにされちゃってるので
3人仲良くってのも全然アリなのは変わらない
でもいちあおはいちあおで良いのじゃ~!
ラーメンも良いけどカレーも良いよねみたいな。別々の料理だけどいいよねみたいな
スポンサーサイト
睡眠時間を削ってでも見るべきもの
アイカツ!二期見終わった
やはり美月さんというラスボスは締まるな
最終対決はダブルエムが勝っても良かったと思うけど
ドリアカの存在意義的に勝ったって感じかな。ティアラ学園長良かったね
あとはいちごとセイラはユニットでありながら
お互い負けないと意識する存在であったのが勝敗を分けたというようなニュアンスだったね

しかしこれでまた美月さんは一人か
次会う時はライバルだ的な離脱になるとは
美月さんはユニット組みたがりなのに、あまりの実力に孤高を義務付けられた存在のようだ
まぁ、復帰してもダブルエムのままライバルなのかもだけど

二期はドリアカのメンツとかも良い子だったので私的におけおけおっけーです
ブレインサンダーがヤバイ薬とネタにされ、×2する独特な口癖とハートをスペシャルコーデと称してセイラに抱きつくプロデューサーきい
女の子の髪の毛をいきなりくるくるきゃわわしたり、デザイナーとして女の子に猛禽類のような眼差しを送り、分身CGや媚薬を砂糖で包むなどの歌でヤバイとされるそら
パンパカパーンという口癖、豪邸住みで山で牛を飼ってて自家用ヘリを持ってるマイペースなマリア
ハートをスペシャルコーデされてからきいの事を超かわいいんだよなとか、オーディション終わるまで私の事考えるの禁止など彼氏彼女的な発言をするセイラ

って書くとドリアカが色物集団になってしまうが
きいと母親の話や、そらの口癖とデザイナーのきっかけの話やマリアのおもてなしの心、妹やきい想いのセイラ
など各話で良い子だなってわかります。
でもリアル事情は詳しくないですが、セイきいは幼女人気がナイとか…
我々にとってセイきいは魅力的な関係だが、単純な魅力ではない故に幼女が理解するにはまだまだ早いようだ
やっぱ幼女は憧れるお姉さんやお姫様みたいなキャラ、独自性のあるカッコイイキャラが好きなのかな
去年の結果でお姉さんであるWMやお姫様なマリア、吸血鬼キャラのユリカ様な所からそう推察
マリアとかアニメでは自分とおとめのエピソード以外では出番かなり少なかった気がするのに凄い結果
パンパカパーンはインパクトあるけど、使いどころが難しい台詞だからあまり聞く機会無かった気がする。
しかし幼女にも蘭ちゃんは美しき刃として見られてないのかな(ぇ

とまぁ、二期が終わって世代交代となったけど
いきなりじゃなく世代交代の為にあかりを用意してじっくり浸透させたのは良かった
いちごは自分でも何でかわからないけどアイドルに見えたから合格にしたって言ってたけど
周りからするとモーレツファンだからポンコツでも合格にした感がすごいだろうな
これが現実世界なら凄まじい嫉みを受けるけどアイカツ世界なら問題ない綺麗な世界

個人的にはやっぱ受験失敗した時の良い経験でしたって
泣きながら笑顔で撮った写真が良かったんじゃないかなぁと
オリジナルスターの話は出たけど、ダイヤモンドハッピーもあかりを形作ってる気がする

「つまずいた瞬間 悔しさ噛みしめて
笑顔みせる泣きながら
強くなるよ 自分信じなくちゃ
決して決してあきらめないよ」

「夢は運だけじゃなくて心のチカラ」


この辺はまさにあかりという存在にふさわしい。
受験に失敗しても泣きながら見せた笑顔と
諦めずに再挑戦した結果がいちごの心を打ったのではないかと。
三期の主人公を務めるまさにダイヤモンドの原石

二期でもアイカツブートキャンプとかメイン回があって主人公になるべくがんばった感が付いてきた
しかしブートキャンプって体力と根性だけ強化されそうだけど
やっぱ歌唱力やダンスよりもアイドルにとっては体力と根性が第一という大切な教えなんだね

そしてSHINING LINEで完全に世代交代のバトンというのを意識して作られた二期後半OP
なんて言うか仕込みも踏まえて長期展開を考えて作る事ができるからこそって感じだね
アニメと言えば深夜アニメが多くなってると思いますが
やっぱりこういう長寿アニメも必要だね。

まぁ、玩具等と連動した子供向けアニメはアニメの終了が玩具の終了に直結するからってのもあるけど
DQのメンテは深夜
はーなんてことだ
メンテ日に少し寝てしまうなんて
目覚めてログインしたらちょっとしてログアウトさせられた
人間ってほんと睡眠時間を取り過ぎると何もできないな

先日、10時寝7時起きの9時間睡眠してしまったけど
24時間-9時間=15時間
15時間-仕事往復込み11時間=4時間

9時間も寝たら一日の自由時間は4時間となる。
でもその4時間も朝2時間夜2時間の4時間である。
2時間も起きてすぐゲームして2時間たっぷりやって出社
帰ってすぐ2時間たっぷりゲームなんて内容は無理だから
トイレや風呂や飯や色々準備とかしてると実質、朝と夜で1時間くらいしか
本当に自由に出来る時間は無いのでは無いかと考える
そこで睡眠時間を4時間も削れば5時間のゲームタイムを確保できるのである!!だいたいこのパターン
でもそれも身体が付いてこなくなった感もあるなぁ…布団に負ける

しかし過労死する人って睡眠時間削ってひたすら仕事の毎日
仕事する為に生かされてる状態になったらそら人間としてきついと思うね
過労の人って睡眠時間少ないだろうけど、仮に睡眠時間が取れたとしても仕事のストレスからは解放されないだろう
寝てるか仕事してるかの二択しかない人生とか過労の人にとっては人生の意義を考えそうだ
やっぱ人間って趣味に費やせる無駄とも思える時間は心に大事

そう考えると自分は恵まれている方だとは思う
ストレスの比較的少ない職場、休みもある。
寝過ぎて時間を無駄にしたと思えるのは恵まれている方である
現代人は睡眠不足とか言うけれど、睡眠を十分に取ったら自由時間が無くなるから
この娯楽に溢れた時代では睡眠不足は必然の理

夜は寝るために存在するのではなく、夜は昼間にできない事をする時間なのだ
そのために寝るのは損という感覚に陥る現代社会


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。