プロフィール

堕落宣教師NX

Author:堕落宣教師NX
自堕落な生活を送る人間。

読むのが苦痛になるくらいの長文ばかりなのは確定的明らか。
読書感想文は苦手だったのがよくわかる文

ブログ内検索

最近の記事

このブログ

・アフィリエイトプログラムについて だらけ堂は、amazon.co.jpを宣伝しリンクをすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

月別アーカイブ

FC2カウンター

Fエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

 

だらけ堂
チラシの裏
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイカツ!アイカツ!(遅
しばらく前からアイカツを少しずつ見ていた
とりあえず知ってるのはアイカツという名前くらいで、アイカツでダイエットした人がいる程度の認識だった。
アイカツってアイドル部活動、アイドルブカツドウの略でアイカツかと思ってたし
あーそういう部活ものねって勝手に思ってた。
そんな自分がアイカツのあるスレタイにたまたま釣られて興味を持ってしまったのが始まり(遅

とりあえずね、百合目的で見始めたものの単純に面白かった…!
もちろん百合的にも良かった。いちあお良い…当然蘭も含めたソレイユも良い
もし筐体ゲームするならもっと早く知りたかったと思う所だろう
さすがにゲーセンまで出向いてゲームまではアイカツおじさんのハードル高すぎて無理だけど

しかしアイカツ見始めて興味もって色々と情報収集したのはマズかった
オフィシャルコンプリートブックとかも買ったもののもう見るのやめようと思った
これはネタバレなしで見た方が良い
もしリアルタイムでネタバレなしで見ていたら普段まったく泣かない自分でも泣いていたかもしれない…
というくらい積み上げてきた50話は良かった。

キャラはやっぱあおいちゃんが健気で良い
自分の事だとメンタル弱い面もある感じだけど、人の為なら支えになろうとする感じ
いちごとは何でも言い合える仲だろうに
あえて直接聞かず置き手紙で支えになろうとするのも健気。無理には言わなくていいけど、いつでも頼ってみたいな
ドラマの相棒のしおんちゃんに対しても確保して悩みを聞いたり気配りのできる子

そんなあおいちゃんのせいで50話が穏やかじゃない
ここまで視聴した人間なら涙腺刺激される事間違いない。
良い最終回だった…

そしてセカンドシーズンを見始めた所だが…
あおいの代わりにいちごが飛び入り出演する所はももクロのエピソードを思い出した。
VS嵐のクリフクライムで本来は紫が出演する予定で番組スタッフが設定してたけど
リハの時にこれで決まりなんですかと、不満を露わに私もやりたいって黄がゴネて見事リハで交代になったという
黄のわがままアピールで出番を勝ち取ったみたいに見えるけど
実際には高所恐怖症の紫が出来ませんとは言わずに震えながらリハしてた所へのフォローだったという。
アイカツもいちごが星座アピール出せちゃうかもってセイラに言って出る流れ作った感じだけど
本番応援してるねって声掛けた時のあおいの反応から、抱えてる不安を感じ取ったが故なんだろうなぁと
いちごも学園長と同じであおいなら星座アピールできると思うだろうけど
帰国したばかりではあおいをフォローするだけの時間が無かったという所だろうか
実はセカンドシーズンは一期が神過ぎたのかあまり話を聞かないのだが
まぁ、楽しみに見てみましょう。

なんていうかどのキャラも今の所キャラ立ってる。
正直おとめちゃんは初めて出てきた時はなんじゃこのブリブリの天然キャラはって思いました。
これ嫌いまでいかなくても絶対好きになるタイプじゃないわ~みたいな
でも気付けばらぶゆ~が癖になる不思議なキャラだった…
アイカツは脳筋トレーニングすぎてタダモンじゃねぇ…!感がすごい。自分も筋トレしないといけない気がしてくる
おとめちゃんもしっかり努力してるし、何だかんだでしっかりリーダーやれてるし
美月といちごのいない学園でスターライトクイーンの座についてたり、独特のユニットで隙間産業でブレイクしてたり
まじでタダ者じゃなかった。
イメージ通りのキャラであるはずなのに評価を改めさせるそんなキャラでした。
やっぱみんな良い子やね。らぶゆ~

アイカツはスポ根ギャグが好きな人なら気に入る作品となるはず
伐採系アイドルや素手で崖登りやオーディションもSASUKEみたいなステージをやらされたり…
そんなことを芸能界の嫉妬や醜い感情なく仲良くアイカツしてる様に元気を貰えることでしょう
あとは男キャラも数人いるけど、ジョニー先生は結構好きだな
なんていうか良い先生だなって思えるから。
出番は少ないがモアザントゥルーというバンドもキングとナオ始めなかなか憎めないキャラたちだ
バンカツはバンカツで男だらけのバンカツをリリースしよう。
数回しか出てないのにインパクトあるキングとシュラト…逆に普通のイケメンの人は印象薄い
そしてライチどの世界でもアイドルの弟ってポジはおいしい立場だ…裏山死刑にされすぎるであろう
まー何が一番心許せる元かっていうとアイカツは恋愛色が明確にないのがいいのぅ
百合でもノーマルでも公式で正式なカップリングが明確にあるとそれ以外は正史じゃない的になるじゃん?
仲が良いとかはあっても正式に付き合ってない状態であれば受け手が自由に想像できる。
アイカツおじさんは百合を楽しむおじさんがいるけど、幼女は普通の恋愛がいいかもだし
でも普通の恋愛より百合の方がアイカツおじさんは好きだしで
受け手の想像に委ねるってのが男女登場する作品としては個人的に幅の広いあり方かなぁと

後追いの利点はBOXが出てることだが最大の敵はネタバレが世に溢れてる事や…
劇場版も予約したけど、そこまでの話を見ておかないとなー
スポンサーサイト
これは良いモノだ
今週のノルマはあと1キャラ王家溢れないようにするので達成できるので
漫画を読む余裕があるようなないような


ふたりべや (バーズコミックス)
雪子 (著)


ふたりべやです
高校を期に同居する二人の少女の4コマ
まぁ、舞台設定としてはガールズ日常系4コマによくあるやつです

左側黒髪三つ編みお姉ちゃん気質の優良少女の桜子が、右のものぐさ美少女のかすみの世話を焼く
というこの二人メインでお話が進みます、そして絵も綺麗で読みやすい
個人的にはメイン二人とかで進んでいくタイプは結構好きな事が多い
序盤でテンプレキャラ量産するより、じっくりと少人数を描く方が馴染みやすい気がする

そして他のガールズ4コマに比べての、この本の最大の魅力は合間合間のIllustrationGallery
なかなかにガチなイラストもありとてもステキ
それがスパイスとなりこの作品は間違いないという確信をもたらす
なんて言うか塩こしょうですよ
このガチなイラストが塩こしょうとなりて、この漫画という素材をおいしくしているのだッ!!
いちゃいちゃしてるイラストだったり、ガチっぽいイラストだったり、季節物だったり、ほのぼのだったり色々です
アメでポッキーゲームというもはやポッキーを使ってないポッキーゲームとか
抱きついてるイラストとか、ハロウィンでいたずらしていいみたいなのとか、吐息で手を暖めてるのとか
破壊力ばつ牛ン

おねーさんみたいなお嫁さん欲しいって小さい女の子に言われたり
桜子の双子の弟妹の妹の方がかすみを気に入り、桜子から姉妹だから好みが似てると思われたり
共学なのにバレンタインチョコをもらいまくるかすみというのを見る限りは
下宿住宅の管理人の弟である学生寮の寮夫や、双子の弟については心配なさそうかな
脇役である管理人弟が女苦手を克服するなんてストーリーが来る気がしないフハハ
おそらく作者さんが箸休めしたい用の男キャラではないかと勝手に予想(何
きっと女苦手設定も無害だから安心してくれというキャラ付けに違いない?
まぁ、作品を通して感じるスタンスから心配するような事はないと安心して良い気がします

ホワイトデーにかすみちゃんからはお返しないかなと思っちゃう桜子とか
そこから宅配で届いたのは以前に欲しいって言ってたオーブンレンジでホワイトデーに桜子にプレゼントしたりとか
もはや同棲してるカップルでしかない。かすみさんものぐさ系なのにたまにイケメン
期限過ぎた食べ物を食べて腹壊してトイレ籠もる人とは思えない
桜子をかわいく思って唐突に頭なでちゃうとか、もはや隠しきれない百合オーラを感じよ!!

オラはもっと2巻以降も見たいゾ
というわけでみんな買おう

しかしこのコミックもコミックバーズみたいなんだけど、バーズって超有能編集なんじゃないの?
同じく連載してるこのはな綺譚もありのままのー受け入れたのもバーズだし
前に買ったユリボンのアンソロもバーズと同じ幻冬舎ということで
バーズ、そしてその出版社幻冬舎は百合眼を持つ人がいると見て間違いない
ひまわりさんー
最近は暑くなってきたので晩飯後に寝る確率が減った
やっぱ寒いと毛布に吸い込まれていくのが原因
というわけで書くかな


ひまわりさん 5
菅野 マナミ (著)


ひまわりさんも5冊目!
当初は全2巻を目標としていたらしいけど、続いてくれて嬉しいです
2巻なんかじゃこの溢れる魅力を伝えるには足りなさすぎるだろう

特に38話から続くお話は今までの穏やかクールなひまわりさんとは違う色んな面が見えました
ほっぺたぷくーってして面白くないって感じのひまわりさん
日記にまつりの事書いていたという発言に対しての赤面
からの~盗み見た兄に対する非難の言葉が初めて大人の女性ではない妹としてのひまわりさんを見せた
そしてまつりは特別って時のドヤ顔

今まではひまわりさん好きだぁ~ってまつりが主張してたけど
ちゃんとひまわりさんにとってまつりは本屋の客ではなく特別になれてたんだなぁと

肝心のまつりは、ひまわりさんに対してアグレッシヴに見えるけど
実際の所は引くべき所で引くというか人に配慮して踏み込まない性格が出てた
そんな少女が好きだぁ~なんて言えるくらいひまわりさんは運命の人なんだな

でもそのまつりの好意は見返りを求めない純粋なものだと観察した兄は
高校を卒業したらひまわりさんに来なくなるのではないかと心配
つまりあれですか、ひまわりさんに見返りを求めるくらいの好意をまつりに持って欲しいという事ですねお兄さん
好きだと一方的に伝えるのではなく、好きって言えば好きって返ってくるくらいの見返りを求めろと!?(ぇ

まぁ、それは自分の願望というか妄想としても
高校生の一時ではなく長くこれからも妹と関係を持って欲しいとは願ってるのは間違いない
シスコン風子からシスコンだねって言われるくらいやから
というかシスコンの自覚ある風子もう堂々としたもんやね(何

なんていうかもうひまわりさんとまつりは揺るぎないという安心感があるから
落ち着いてこのハートフル書房を堪能できます


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。